FC2ブログ

STRUO 

「共締めのデザイン」 made in kamakura city

Posted by STRUO星野 on   0  0

革が唯一の解決方法になる時がある。

COD-1を作った時、
肉厚だけどしなやかでコシがあるという
単発の黒いヌメ革が手元にあって、
その革があのラインを作ったという感触が残ってた。
今はなき、秋葉原の革屋さんでおすすめといって
奥から出してくれた革だった。

だけど、2本目以降は定番で使ってた、
少し硬さがあるヌメ革に当てはめて作ったせいか、
形と素材のバランスが変わっている状態だった。
その革は別の用途では問題なく気に入っていたのに、
どうもその形には合わないという考えだったので、
作るのが退屈になってしまい、鞄そのものがやがてお蔵入りすることになった。

数年たって革屋さんが理想に近い革を作ってくれて、
この革こそ、あの形を作るのにふさわしいという思いが
芽生えた。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://naostar.blog25.fc2.com/tb.php/643-53d9f364