FC2ブログ

STRUO 

「共締めのデザイン」 made in kamakura city

Posted by STRUO星野 on   0  0

寒空の下、無名の作家の革製品に、
お金を出してくれた人たちの背中を忘れない。

俺はただでは転ばないと思っていた。
路上で生まれた詩の様な製品ばかり。

なぜあそこに立っていたのか、

手元にある商品に自信があったから。
いつだって自分の商品に勇気づけられてきた。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://naostar.blog25.fc2.com/tb.php/628-2cbdfd3d