FC2ブログ

STRUO 

「共締めのデザイン」 made in kamakura city

基礎情報に比重を置く

試作トート 内部ターポリン仕様試作のトートバッグ。こういうオーソドックスなトートに限って、ブランドの基礎情報の大事さが浮彫りになってくる。つまり形状を差別化して見せようというのが、命題ではない分、何がウリなブランドなのかがはっきりしてしまう。内部にターポリンを使っていること。取手の造作の視覚的な強さ。こうした基礎情報に比重を置く商品作りをしてこそ、フォルマリズムに陥らずに済むと思っている。...
0

触れられない世界

KSM-1単純な箱をいかに魅力的に作るか?どこに出しても恥ずかしくない箱。そんなことが課題だった。物事は気づけば徐々に複雑化していってしまうもので、シンプルな箱ほど、ブランドの基礎情報が見えて、ごまかしのきかないものはない。姪に化粧ポーチをプレゼントしたいという御依頼から、ショルダー兼用型の「コスメショルダー」という案が浮かび、こういうものになった。化粧ポーチを世代の違う姪にプレゼントしたいって考えが...
0