08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

残り続けるローテク 

ここ最近、
よくできていると思ったのは「蚊帳」。
虫は通さずに風を通す仕組み。
いざ、それがない状態で寝たときに、
いいように蚊の餌食になって
羽音で寝れたものではなかった。

これを使うと、
安心して快適に眠ることができる。

万が一蚊の侵入を許しても、
蚊帳の中なら仕留めやすい。

それにある程度自由に動けるのも良い。

内と外を隔てる仕組みが簡単で、
網目状だから心理的圧迫感も少ない。
自然の風を取り込み呼吸できることもいい。
電気も使わず、体に悪い要素もない。

その起源は古代にまで遡ることや、
軍隊の装備品にもなっていることから、
ローテクながらいかに優れたモノかわかる。


スポンサーサイト

category: 完成されたシステム

Posted on 2014/08/18 Mon. 00:41  edit  |  tb: 0   cm: 0  

完成されたシステム 

STS-3A髢句哨蝗ウ_convert_20110320230051

ただの袋に取っ手をつけただけでも
STRUO製品だとわかる作り。
ロゴだけにブランドの存在を語らせるような手法は古い。
STRUOには言語レベルで完成されたシステムがある。
そのシステムは僕の歩んできた
道のりによる必然性から導き出された。
このシステムのために自由なデザイン性を一旦捨てた。

STRUO製品は直すことをどの程度想定しているか。
もちろん全く直せないということはない。
直す際には応急的な処置と、根本的な処置とでは
見栄えもコストも違う。
ここはユーザーに選択してもらう。
これは製品を使用する際の快適さを重視したためだ。
何よりも心地よく使うことはモノへの愛に深く関わり、
重要視されるべきだと考えた。
容易に直せるパーツはあらかじめ限られている。
また、強度を持って作られた製品の直しの頻度は
それほど高くないという見解による。
あっても一回。

意外とどこも濁しがちで語らないが
ユーザーが気にする重要なことだけに、
こういうことを伝えておく
必要があるのではないか。

category: 完成されたシステム

Posted on 2012/03/02 Fri. 10:51  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。