08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

力の源泉 



久しぶりに製作したリュック。
1日1本がやっと、という感じですが、
これが出来た頃はすごいモノができたという実感があって、
内生地にターポリンを使うきっかけになったモデルでした。
自分でも使ってみて、
細かい仕様変更を繰り返して
精度が生まれたと思っています。

下手な言い方になりますが、
「芸能人仕様」を意識して作ったものの1つでした。
メーカーにいた頃、芸能人から持ちこまれた仕事に
熟練の職人が手間暇かけて応えていました。
その作りが印象に残っていて、
手のかけ方を知っていれば桁違いの物ができることを
意識した瞬間だったわけです。
小ぶりな鞄でしたが、オーダーということもあって
軽く10万は超える仕事でした。

内生地を持ち込むための論理も、
ケース屋時代にシュミレーションしたことが基盤になっています。
内生地が鞄を「使い捨てのもの」に変容させる要因になってしまうのを、
持続可能な構造体にとどめ、尚且つ使用時の快適さを尊重した作り。

それとこのリュックはパーツごとに作った後、合体させるときに
省略を伴って融合していく姿が特徴です。
STRUOでは「共締める」と呼んでいますが、
商品の神髄はこの「共締める」ことにあるのだと
最近また意識し直しています。
共締めることは「力」の源です。

何はともあれ、STRUO鞄のエッセンスが詰まったリュックという感じです。

作った瞬間の驚きは次の新しい何かを作り出すためにも、
徐々に鮮明さを失っていきますが、
賛同してくれる人がいる限り蘇るものと思っています。

スポンサーサイト

category: 力の源泉

Posted on 2013/03/14 Thu. 07:53  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。