08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

手書きの絵と計画すること 

IMG_0685_convert_20110509221143.jpg
IMG_0736_convert_20110830100910.jpg
IMG_0938_convert_20110719213129.jpg

オーダーのやり取りで、
オーダー主に手書きの絵又は、
詳細な仕様の箇条書きテキストを
作ってもらうことが基本になっている。

「手」で描かれたものは、
知らずのうちに重要な情報の取捨選択を行っている。
選択を拒んだままモノはできない。
大まかな意図を明確にすること。
これで完成までの7割が決まり、
残りの3割は変化に富んでいる。
変化の容器を作ることと言えるだろうか。

よく、描けないといわれることもあるが、
そうなるとこちらもクオリティを確約しづらくなる。
だから、やり取りが破たんしても全く不思議がない。
曖昧なイメージばかりを残していくと、
「計画する」という言葉にははまらない。
計画においては、事前に勝算がないと知れば、
やめたっていいと思うし、
勝算がないことがわかることも計画の醍醐味だ。
専門性を持つ人間として勝算がある方向へ、
誘導するのは自分の役割だ。
計画の脆さも認めたうえでまずは描いてみる。

正直、一方的な
クリエイションには面白さがない。
わがままに作るときはとことんわがままに作る。
また、ポリシーとしてコピーはしない。

こちらからアイデアが出れば
提示するが、何が呼び水になるかわからないし、
出たアイデアに対しての議論が必要だ。
どちらが決定的なアイデアを持つかというのは、
競うぐらいがちょうどいい。

struoが対話をベースにするというのは、
面白くないモノは
作っても仕方がないという理由なのだから。

結果的に描いたものとは
別のものが出来上がっても良い。
細部の処理に関しては、作りの都合も考慮して、
やりながら変更していくのが自然だ。
手書きの絵は、変化のベースになるが、
変化させすぎた後のバランスをとる役割もある。
常に元の意図に帰していくという。
また、オーダーという水物のやり取りで、
互いのリスクを軽減させる役割も大きい。
あくまで、モノのクオリティが
確かな成功を収めることが大前提になるが、
コミュニケーションを破たんさせないことにも一役買っている。

はっきり言って絵は下手だが、
問題は意図することの伝達、
もしくは意図の有無の確認が目的なので、
双方向での認識が整備できればいいと思っている。


出来上がったものが、
絵の雰囲気を残していると、
やはり最初に意図したことが
正しかったのだと思う。
このズレや距離感をはかることが、
何よりも重要だ。

スポンサーサイト

category: 手書きの絵と計画すること

Posted on 2011/08/30 Tue. 10:19  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。