08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

替えの効かない高揚感 

個人は紛れもなく生まれながらにして
経済活動を義務付けられた「会社」なのだということ。
もし、自分が戦国時代に生きていたら、
果たして30代になれるほど、
運がいい存在であったかということ。
生まれた家柄を理由に命を落とすようなこともあったかも知れないと思えば、
凄く運がいいと思わざるを得ない。

そこそこ長く生きてると、
古い友達が夢を叶える瞬間や、
自分自身や友人が家族を持って子供が生まれる瞬間に立ち会えたりする。
これは至上の喜びであり、
幼少期に微かに想像し得た「未来」にあたる。
つまり幸福なのだ。
そうした経験は創作における動機づけとしては、
最上級のエネルギーになる。
僕はそれをモノづくりで表現し、証明出来ると思った。
STRUOは節目節目のとある商品をきっかけに、
やっていることすべての見られ方が変わるような体験をした。
その背景には、どうしても表現しなくてはならない、
幼少期の自分自身に対するプレゼンテーションの様な、
替えの効かない高揚感があった。




スポンサーサイト

category: 替えの効かない高揚感

Posted on 2013/07/26 Fri. 19:21  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。