05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

表現の前提について 


015_convert_20110822214618.jpg
017_convert_20110822214735.jpg

表現の世界にいると、しばしば当たり前の
前提かのごとく扱われているメンタリティがある。

それは、

「独自性(オリジナリティ)があること」
「創造的であること」

これは意外なことだけど、
あたりまえであるがゆえに忘れがちなことで、
表現の世界にはそれを望んでいない人間も
数多くいる。むしろ大多数はそうだ。
商売と混同した途端に、
希薄になる前提なのかもしれない。

それと同時に、社会の中で仕事をする人は、
何らかの創造性を発揮しながら生きているとも
考えられる。
何も表現の世界などと言わずとも、どんな世界の
誰にとってもこの前提は有効なんだ。

分かっていても目を背けて
その世界に安住しようとするものを見ることも、
不思議な光景ではなくなった。

どんな世界でも、人の「評価」や「価値」には、
これらが基準になっていることに気づく。




スポンサーサイト

category: 表現の前提について

Posted on 2011/08/22 Mon. 22:02  edit  |  tb: 0   cm: 0