08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

情報の収集 

今となっては嘘みたいな話だが、
22才ごろまで、
活字中心の本が読めなかった。
本の世界も信じていなかったわけではないが、
将来に対して、
あまり執着する必要性を感じていなかった。

しかし、内面から湧き出てくる、
「かたち」とは何か?という命題を
抱え込んでからは、それに関連するであろう
タイトルを古書で追うことからスタートし、
関係ないと思われていた領域を、実感を伴って
手繰り寄せていくという作業を繰り返し、
今現在も収集し続けている。

その過程の中で、最大限の拡大解釈を繰り返した結果、
当然のごとくあらゆる学、評論、
商売、伝記、歴史、小説、エッセイなど
とまあごった煮になってしまうわけだが、
自分には、一貫して「かたち」に関する有用な情報以外は、
除外してきたという強い信念がある。

他人が見ると何を基準に集めたものか
わからないかもしれない。
だが、僕にとっては「かたち」を成していくために、
必要な情報へと変化させることができる
元素のようなものだと思っている。
つまりは「捨て」がない。
それもそのはずで、
作者が異分野の他人にとっても有益な「かたち」を描こうとする
意志があるかどうかのみが
収集の基準になっているからだ。
そうしたメッセージを言葉の節々から
感じ取ることができるか、見分けるのだ。


あたりまえの考え方だと思うが、
たとえば、10年前の書物で、
今の時代にまったく役に立たなくなってしまうようなものは、
手元に置いておく意味がない。
つまりは風化した情報だ。
こういう情報にかかわるのは、
経済的ではないし、意味がないし、
時間の無駄になる。
価値が保存される期間が短いからだ。

しかし、独自の視点で「かたち」を描こうとした作者は、
時間の経過で風化してしまうような描き口では、
言葉を連ねようとはしない。必ずと言っていいほど、
時間の腐食に耐えられるような、
普遍的かつ分野横断的な視座で物事を描こうとしている。
専門的な分野の専門用語に埋没して、
読むに堪え難くなるような描き口は極力避けようとする
意志が見られる。

一人の普通の人間が独自のコンテンツをもち、
商売の知恵をもち、関わるものに喜びをもたらしながら、
尚且つ決して商業的なものに侵されることのない、
探究する価値のある目的を持ちながら、
成功していくという術を確立するために、
本の収集は必要だ。


スポンサーサイト

category: 情報の探し方の考察

Posted on 2011/02/03 Thu. 00:26  edit  |  tb: 0   cm: 0  

情報の探し方の考察 

自分を形成するための情報をどうやって探すか。
その人が、より独自な存在、価値のある存在になるための
情報の集め方、選別の仕方。
こうした方法のバリエーションにこそ、
人の性格の一端が表れるのではないかと思ってきた。
機械がいくら進歩しても、この動作はひどくアナログ的で、意識的だから。


例えば、好きな人(有名人、友達、恋人など)が興味を持っている対象には強引に興味を持つ。
2~3回、別の人間の口から聞いた同じ単語には必ず自動的に興味を持つ。
興味を持つカテゴリーだけを頑なに決めて、
ひたすらさまよい歩き、より深化していくための手がかりをつかむ。
なるべく異質な人と付き合って予測しづらい情報に触れる。
幼いころに執着心の高かった物事を思い出して、何がそうさせたか分析する。
つらい状況や面白くない場面や逆境に身を置いて、学習するべき要素を探す。
自分より専門的な知識を持つ人に直接会いに行く。
憧れを抱く人を探し、その人が影響を受けたものをさかのぼって、
たどっていくことで、憧れへの依存度を極限まで薄める。
あえて自然や既存のシステムに無防備にさらされて、気づきの機会をうかがう。
外からの情報を拒否して、すでに手元にあるものを素材にして密度のある構築を行う。
着地点が予測できたら、不確定要素を取り入れて、自分でも意外な場所に着地する。
成り行きが走り始めたら、良識の範囲内で、自分でも面白いように便乗する。


たぶんまだ色々方法があるんだけど、
思い出せてないかもしれない。

自分に回ってくる情報(人)など、ほんのわずかな情報(人)だと思う。
どうしたら、最大限有効に生かせるか。

自分が何者かになるための情報の探し方。

category: 情報の探し方の考察

Posted on 2011/01/16 Sun. 23:38  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。