08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

普通の思考 

営業職というのはいってみれば個人商店の様なもの。
その時一番気にしていたのは「普通の思考」をするということだった。
言い換えれば原理的に考えるということ。
特に、外部の対人関係において大事にしていた。
今でも普通の思考を大切にする相手とは、
非常に仕事がスムーズに行く。

別の面では、全容が明らかになっていない仕事の進め方でもそう。
最初に計画を立てる際に、どういう段取りを組んだら
うまく期日通りに最適な仕事が出来るかということを
普通に考えることにしていた。
どういう順序で、どこに何を手配すべきか。
最も優先する目的を破綻させず、
段階に応じたフォロー案を用意することも
普通に考えれば欠かせなかった。


また、別の面では、モノづくりの細部を仕上げるときに、
「普通の手」を積み重ねることが必要になると思っていて、
経験とも言えるが、誰が見ても納得する作りというのが
尊重されるべきだと思っていた。
思いつきや閃きも重要だが、
それらを生かし
クオリティに繋げるのは
この「普通の手」による詰めだと思う。

客観的に見て「普通の思考」が出来ているか、
自信がなかったら、経験のある人間に
それが普通の考え方かどうかを
尋ねることにしていた。
言ってみれば論理の道筋が適正なものかを問う。
筋が違えば元も子もない。
普通の思考ができるというのは、
自信や信用に直結することだった。

また、仕事上でトラブルが起きたときに、
責任の所在を明らかにするという言葉をよく使ったのも、
製造職では見られなかったことだ。
最初の地点から普通の思考が出来ていたのか、
その過程を顧みるのも、大切な作業だった。

スポンサーサイト

category: 普通の思考

Posted on 2014/12/15 Mon. 17:09  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。