10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

革を適切に消化しきる体系作り 

038_convert_20140129200828.jpg

昨年は小型の抜き機を導入した。
それに合わせて、抜型を少しずつ作成し、
革のカット方法も変えた。
お肉屋さんのように、
部位とその質を意識して、
カットしておくようにした。
でないと機材にセットすることができないのが、
一番の要因なのだけど、
革の場所における価値を見直すのに、
効果的な下処理だと思うようになった。


一応、万能性を評価尺度にし、
ABCDといったランク付けを行うようになった。
Aというとほぼ万能で、癖がない。
Dというと「悪い」というのではなく、
「癖が強いのでその使い方が限定される」という考え方。
STRUOが強くなるためには、
このDに属する部位を、
効果的に使う方法を見出すことが、
最も重要なことを理解し始めた。
一言で言えば「適材適所」。
癖が強いものほど、
明確な目的と意味を探し、
ふさわしい場所を希求している。

STRUOの商品構成は革を適切に消化しきる
体系であることを最も尊重している。
実は物単体よりも、横並びの
構成そのものが価値なのだが、
事業を続けていく上で、
いずれこの価値は効いてくるだろう。



スポンサーサイト

category: 革を適切に消化しきる体系作り

Posted on 2014/01/29 Wed. 19:47  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。