08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

新奇の補強案こそ形態の自然な進化を促す 

キャラクタービジネスを営む友人と話ししている時に、
そのキャラクターをもっと有名にしたいでもなく、
もっとお金にしたいでもなく、
その世界を「強くしたい」という言葉を聞き、
物事は強くしたいという方向へ変化していくべきだと考えるようになった。

システムや人間関係の在り方についてもそう。

「新奇の補強案こそ、形態の自然な進化を促す」
と思ってきたが、強くしていくこととは関係ない変化には意味を感じない。
極端な言い方をすれば強くする必要がなければ変化も必要ない。その逆もしかり。

より美しくとか、より心地よくするというのも、感じ方を強化するという意味では、
「補強」と言えなくもない。
臨機応変に、流動的に関係を変えながらも秩序があるような在り方も、
強くするための方法だと言えるだろう。
この「在り方」というのもれっきとした「形」なのだ。

「強くする」というのは大局的に見れば
最も効果的なリスク管理の方法だと思う。
仮に思うように結果に結びつかなくても、
次に繋がるし、賭けに興じるような策を遂行するのは、
本当に最後の手段でなくてはいけない。

「「千年住宅」を建てる」という本を読んでいて、
何かを残したいという思いが、
「強くしたい」ということに繋がるものだと思った。
免震機構を持ったピラミッド型の住宅など、
古代と現代の技術と知恵を融合させるような案が面白い。

地震が多く、湿度の高い日本の気候に即した建物に
安心して快適に住まい続けるには、想定しうる大概の事に、
手段を講じなければならない。

人間の飽きに打ち勝ち、
千年残すために考えられる方法のあれこれには、
僕が製品作りで実践してきた考え方にダブるものがある。

スポンサーサイト

category: 新奇の補強案こそ形態の自然な進化を促す

Posted on 2014/05/24 Sat. 14:59  edit  |  tb: 0   cm: 0  

予測不能のプレー 

016_convert_20120601231738.jpg
最近は専らサッカーから影響を受けている。
めちゃくちゃ面白いなと思うことが相当ある。
3人の選手で、一人がたった2つの選択肢をもってプレーすると、
8通りのパターンが生まれ、
それはもはや相手には読み切れないものになるのだという。
ここでは「たった2つの選択肢」というのが、
そう難しくはない手に届く目標であることに意味がある。

日本人が世界と戦うために自分たちの特徴や強みをどう理解し、
組織として実践していくか。この数年で、
素人目から見てもだいぶ感じられるようになった。
古くは「連動性」なんていうのもそうだし、
それを理解するための「言葉」が
豊富になっているのは間違いない。
むしろ専門的なことはわからないから、
強い体系を作るための言葉の汎用性にこそ注目している。

それと全くもって個人的だけど、
本田選手やオシム前監督などの記事は
参考になることが本当に多い。

category: 新奇の補強案こそ形態の自然な進化を促す

Posted on 2014/01/29 Wed. 01:59  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。