08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

割れ煎餅のような商品作り 

031_convert_20140428164015.jpg

035_convert_20140428164156.jpg



少し前の催事向けに用意したサンプルトートバッグ。

製作面で抜型を利用しながら作れる利便性があります。

牛革のベリー部の特性を生かした商品開発の一環として生まれました。
シボ感の強さが魅力的な部位ですが、
特定方向に若干伸びる性質があります(使用の上では問題なし)。

繊維密度が緩いのと、革らしい表情を持つのが特徴的な部位ですが、
長くこの部位の使い方に悩んでいた経緯があります。

革質に万能性がなくなるほど、
より明確な目的を持つパーツとして使われることを
素材が希求していると考えるからです。

一方で、ワンちゃんを大事にされている方が散歩用に持っているトートや、
祝い事に使われたりするミニトートのサイズ感が、
良いと思っていた過程があります。

それらの記憶を掛け合わせて誕生したトートバッグです。
スポンサーサイト

category: 確実性の追求

Posted on 2014/04/28 Mon. 16:53  edit  |  tb: 0   cm: 0  

確実性の追求 

今回の出店で、
「確実性」へのアプローチとして、
様々な手法を試してみていた。
いつもの出店は結果に対しての責任を
自分でとれば済んだけど、
今回はそういうことではなかったので、
「筋書き」が必要だった。

結果的にそういう思考回路で
良かったんじゃないのかと思っている。

10日間、ずっと売り場に立ち続けると、
まともな補充ができないから、
在庫量のバランスも初日までの準備がすべてで、
軌道修正の余地はポップや陳列の仕方、
接客の仕方くらいだから。

ヤマをはった試験勉強の様だったけど、
大きく外した感は少なかった。
これ、もっと作っておけば
よかったなというのは多少あったけど。




category: 確実性の追求

Posted on 2014/04/14 Mon. 00:20  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。