08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

柔をよく剛を制す 

016_convert_20120601231738.jpg


小さなものが大きなものを倒すことに、
昔からこだわりがあった。
背丈からして自分が小さいからというのも理由の一つ。
ただ単にその言葉のたたずまいが好きなのだ。

昔、白黒テレビの相撲中継を見ていて
自然と大きいモノが勝つことを予測するようになり、
小さき者に映った力士が、
予想を裏切って勝利した。
横綱だから当然と言えばそうなのだけど、
子供心には「意外」な感じがしていた。
この時に始めてこの「概念」を意識した気がする。

子供と遊んでいて力をかけずに
簡単に倒す方法を教えていて、
子供が夢中になっているので、
そうか、やはりこの「かたち」に
面白さを覚えるのだなと思った。

サッカー中継でも「ジャイアント・キリング」という言葉が
幾度となく聞かれるので、気になっていた。
調べてみたら「番狂わせの大物食い」という意味で、
人気のあるマンガにちなんでいるらしい。
この「番狂わせ」も好きな言葉だ。
「順当でない意表を突いた結末」とでも言い換えられるだろうか。
勝負事の特にそのあたりに面白さや快感を覚えるというのは、
実際には共通感覚なのではないかと思う。
強きもの、有名なものが圧倒的な
ワンサイドゲームを展開するというのも面白さだとは思うが。


そういえば、ブランドロゴを形成をするときに、
「反動、相手の力を利用する」という項目を足していた。
思えばそれは「柔をよく剛を制す世界」を
構築する意図があったからだろう。




スポンサーサイト

category: 柔をよく剛を制す

Posted on 2013/11/28 Thu. 07:13  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。